メーカー若手研究者の苦闘

総合電機メーカー研究所4年目の者です。入社以来壁にぶち当たる日々ですが、そんな中でも毎日の気付き/学びを記録してきました。これら数百個にわたる気付きから厳選して整理・共有・議論できればと思い、ページを開設しました。 初ブログで不慣れな点が多数ありますが、少しずつ改良するので、どうぞよろしくお願いします。

ぐちゃぐちゃした状況に置かれた時こそ喜ぼう

1. 気づきの言葉

「全てが綺麗に整備された状況よりも、何から手をつければいいのかわからない "ぐちゃぐちゃした状況"で仕事をした方が、圧倒的に早く成長できる」/ 2016.10.24

 

 

2. 気づきのきっかけ

・ネットでこの言葉を見かけた

 

 

3. 気づきの解説

・"ぐちゃぐちゃした状況"の方が、現状への問題意識が高まり、主体性をより持てる。その結果、自ら取り組む課題が多くなるため、大きな成長につながる。

・仕事で"ぐちゃぐちゃした状況"を任された時は、ついつい嫌がらずに、成長のチャンスと好意的に受けとめる。

 

 

4. 関連する気づき(これまでの記事で関連する気づきのリンク) この気づきに関連する言葉・本

苦しい状況は、遊び心で乗り越えられる - メーカー若手研究者の苦闘

 

 

5. その他 コメント

→何か出てきたら追記します。

 

 

6. Q&A(皆様から頂いたコメントの中の質問を転載させて頂くかもしれません)

 

→何か出てきたら追記します。

 

 

また新たな気づきがあれば、随時追記をしていきます。

ご質問・アドバイス経験談など頂けると嬉しいです。ぜひよろしくお願いします。