メーカー若手研究者の苦闘

総合電機メーカー研究所4年目の者です。入社以来壁にぶち当たる日々ですが、そんな中でも毎日の気付き/学びを記録してきました。これら数百個にわたる気付きから厳選して整理・共有・議論できればと思い、ページを開設しました。 初ブログで不慣れな点が多数ありますが、少しずつ改良するので、どうぞよろしくお願いします。

研究を効率よく引き継ぐための考え方

1. 気づきの言葉

「ただ研究を引き継ぐだけでなく、しつこいくらいに"なんで?"と疑問を持って、新しいテーマに取り組んでいって下さい」 by 研究室リーダ / 2016.4.18

 

2. 気づきのきっかけ

先輩の研究テーマを引き継いだ時に、上司から言われた言葉。


3. 気づきを受けて感じたこと

研究をただ引き継ぐだけだと、研究の目標や前提が、理解できないまま暗黙となりがちになるため、結果的に視野の狭い研究になる。

そのため研究テーマに対して、"なんで?"としつこく問い正すことによって、研究成果の可能性を広げていく。


4. 関連する気づき(これまでの記事で関連する気づきのリンク) この気づきに関連する言葉・本

たった一言から学べてしまう力 - メーカー若手研究者の苦闘 → この一言に対してまず問うべき最高の一言はおそらく、"なんでそんな言葉があるのか?"だと思います。


5. その他 コメント

→何か出てきたら追記します。

 

6. Q&A(皆様から頂いたコメントの中の質問を転載させて頂くかもしれません)

→何か出てきたら追記します。

 

 

ご質問・アドバイス経験談など頂けると嬉しいです。ぜひよろしくお願いします。